マンスリーマンションを利用するメリット・デメリットについて解説!

       

公開日:2023/04/15  最終更新日:2023/02/22

マンスリーマンションは1か月単位で契約できるマンションで、利用者は少なくありません。保証人や保証会社が必要ない物件が多く、出張などのときに便利です。生活するための家具や家電が備えてあり、契約後すぐに住めます。今回は、マンスリーマンションを利用するメリット・デメリットについて解説します。

マンスリーマンションを利用するメリット

それでは、マンスリーマンションを利用するメリットについて考えていきましょう。

手続きが簡単

マンスリーマンションの入居手続きや審査はシンプルで、基本的に身分証明書のみとなっています。身元確認が取れれば入居可能なので、短期間で生活をスタートさせることが可能です。なかには審査不要の物件もあり、家賃を振り込めば即入居できるケースがあります。

初期費用が抑えられる

マンスリーマンションは、契約時に敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用が必要ありません。利用期間に応じた賃料なので、短期間なら費用がリーズナブルとなります。

公共料金の手続きが不要

賃貸物件では、入居すれば水道光熱費の利用手続きをしなければなりません。マンスリーマンションでは料金が固定されているので、これらの手続きは不要となります。また、家賃の中にインターネット料金が含まれている場合が多いです。

家具家電が備え付けられている

一般的な賃貸物件と比べると家具家電が備わっており、手ぶらで入居してもすぐに生活できるのは大きなメリットといえるでしょう。必要な家具家電が揃っていますが、必要に応じてレンタルできる家具家電(調理器具・寝具セットなど)もあります。

マンスリーマンションを利用するデメリット

次にマンスリーマンションを利用するデメリットについて考えていきましょう。

賃料が割高である

マンスリーマンションには家具家電が備わっており便利ですが、賃料が割高な設定となっています。また入居時に賃料を一括で払わなければならないので、大きな負担となります。

中途解約する場合は、違約金を支払うケースが多いので事前にしっかりチェックする必要があります。

賃料を一括払いする必要がある

ほとんどのマンスリーマンションでは、賃料が一括前払いとなっています。月払い制にしている会社もあるので、一括払いが負担である場合は会社を選択しましょう。

防音性能が低い

マンスリーマンションの多くは防音性が低く、隣人とトラブルになりやすいです。音に敏感な人は足音でも気になり、眠れなくなる場合もあります。

入居前に内見ができない

マンスリーマンションは内見できないので、入居後でないと部屋の内装や設備が確認できません。入居前にできるだけ情報を得て、物件の写真などを確認することが賢明です。あまりにもギャップがありすぎると、入居する気持ちが薄れてしまいます。

住民票は移せない

マンスリーマンションの契約が1年以上であっても、住民票を移すことは不可能です。契約書にも「住民票移動不可」と明記されています。

一般的な賃貸物件とは契約条件が違う

一般的な賃貸物件と比べると、マンスリーマンションの契約条件は大きく違います。たとえば、契約期間が過ぎても自動更新されることはなく、原則退去となります。契約書の内容をしっかり把握し、トラブルがないようにしましょう。

マンスリーマンションの利用はどんな人におすすめ?

一般的な賃貸マンションとは違いがあることが分かりましたが、マンスリーマンションはどんな人に向いているのでしょうか?

利用期間が決まっている場合

利用期間が決まっている人に向いており、仕事で出張する場合に適しています。急に出張が決まっても、マンスリーマンションなら短期間で決定し契約が可能です。契約当日から住むことも可能で、家具家電が揃っているので即生活ができます。

初期費用を抑えたい場合

マンスリーマンションは敷金礼金が不要なので、初期費用が抑えられます。引っ越しにはさまざまな費用がかかりますが、初期費用が抑えられるのは大きなメリットといえます。少しでも節約したい人に適しています

賃貸マンションを契約するまでの仮住まいとする場合

マンスリーマンションを利用する人の中には、賃貸マンションを契約するまでの仮住まいとして利用する場合があります。急に転勤などが決まった場合は、すぐに物件を見つけることは難しいです。そのような場合、マンスリーマンションに仮住まいをすれば、じっくり物件探しができます。時間をかけて探せるので、自分に合った物件を見つけることが可能になります。

まとめ

マンスリーマンションを利用するメリット・デメリットについて解説しましたが、いかがでしたか。マンスリーマンションの詳細を知ることで、間違って解釈していた部分があるかもしれません。比較的簡単に利用できますが、やはり一時的な住まいということになります。家具家電が備え付けてあったり、公共料金の手続きが不要であったり、契約してすぐに生活ができるというのは大きなメリットでしょう。仕事で利用する人も多く、出張が多い人には適した住まいといえます。費用面においても、初期費用が抑えられるのは大事なポイントとなります。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む