マンスリーマンション探しのおすすめ時期について解説!

       

公開日:2023/05/15  最終更新日:2023/04/21

出張や一時帰国などで、マンスリーマンションの契約を検討している方も多いでしょう。マンスリーマンションは、ホテルと賃貸物件の中間のような立ち位置の物件であり、一般的な賃貸物件とは異なるポイントがあります。そこで本記事では、マンスリーマンションと一般的な賃貸物件との違いや、探すのにおすすめの時期などを解説します。

マンスリーマンションと一般的な賃貸の部屋探しの違い

マンスリーマンションは、1か月や3か月など短期間だけ住むことを前提としている物件であり、2年契約を基本とする賃貸物件とは異なるポイントが多くあります。

たとえば、物件を決めるときに行う内覧ですが、マンスリーマンションの場合は内覧できないケースが多いです。入れ替わりが多いこともあり物件情報を更新するのがむずかしいため、入居しているかどうかに関係なく、情報が掲載されています。そのため、Webサイトなどで情報収集を行い、どのような部屋なのか想像するしかありません。

また、物件探しで利用する不動産会社ではマンスリーマンションを取り扱ってないこともあるため、専門の情報サイトで探す方が効率がよいこと、生活に必要な家具が入居時点で揃っていることなども異なります。

そのほか、物件を契約するときは不動産会社などで複数の書類にサインをするなどの手続きが必要ですが、マンスリーマンションだとインターネットから申し込みをすれば書類が送られてくるため、必要事項を記入して返送すれば入居手続きを完了できます。申し込み手続きの手間がかからず、スピーディーな契約が可能であることも違いといえます。

また、マンスリーマンションは敷金礼金、仲介手数料がかからないうえに、生活に必要な家具家電が付いているため初期費用がほとんどかからないのも特徴です。一般的な賃貸物件でも敷金礼金が不要なケースはありますが、家具家電の購入は必要なのである程度の初期費用が必要です。

マンスリーマンション探しのおすすめ時期

マンスリーマンションは入居状況にかかわらず物件情報が掲載されているため、気になる物件を見つけても必ず入居できるとは限りません。とくに繫忙期シーズンは、希望の物件を見つけることよりも、空室を探すのにも苦労することがあり、可能であれば繁忙期を避けて空室探しをするのがおすすめです。

たとえば、3~4月前半は新生活のスタート時期にあたるため、引っ越しに伴い物件探しをしている方が大勢います。とにかく初期費用を抑えたい、研修期間だけ入居したいなどのニーズがあって争奪戦になるため、理想の物件を見つけるのはむずかしいといえます。

ただ、マンスリーマンションは研修期間中だけの入居を目的とする法人契約が多い傾向にあります。新入社員の研修などは基本的に4~6月に行われるため、その期間中だけ本社周辺のマンスリーマンションに入居し、研修が終われば配属先周辺で一般的な賃貸を探すという流れです。

そのため、6月以降であれば比較的簡単に空室を見つけられるようになます。なお、閑散期にあたる11~12月も空室が目立つ時期となるためおすすめです。

マンスリーマンション探しはいつ頃から始めるべき?

マンスリーマンションを利用したことがなければ、いつから物件探しをすべきか悩む方もいます。マンスリーマンションは契約手続きが完結なのが特徴のひとつですが、スムーズに契約できるとはいえあまりにも短期間で物件探しをするのはおすすめしません。可能であれば引っ越し予定日の1か月~1か月半前を目安に物件探しをスタートさせるとよいでしょう。

ただ、マンスリーマンションの場合、早すぎるタイミングで物件探しをするのもおすすめしません。というのも、短期間の入居を前提としているため、空室状況が1か月前にならないとわからないことが多く、あまり早いタイミングで物件探しをしても空室かどうかを判断できません。

そのため、物件探しに時間をかけられるなら、数か月前から気になる物件をいくつかピックアップしておいて、実際に問い合わせるのは引っ越し予定日の1か月~1か月半前というのがスムーズでしょう。早めに行動しておくことで、周囲よりも早く行動できて希望の物件に入居できる可能性が高まります。

まとめ

マンスリーマンションは1か月や3か月など短期間の入居を前提としていることもあり、一般的な賃貸物件とは異なるポイントがあります。たとえば、敷金礼金や仲介手数料が不要で家具家電がそろっていること、基本的に内見はできないことなどが挙げられます。

また、3~4月あたりは繁忙期で空室を見つけるのに苦労するケースが多いので、新生活のスタートが落ち着く6月あたり、または閑散期にあたる11~12月ごろに物件探しをするのがおすすめです。物件探しをスタートするタイミングは引っ越し日の1か月半~1か月前を目安にするとよいでしょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む