マンスリーマンション契約時に必要になる書類をチェック!

       

公開日:2023/04/15  最終更新日:2023/02/22

マンスリーマンションを契約するのは、比較的簡単だといわれていますが、初めて契約する人には不安がつきものです。契約を決めた場合、どのような手続きや提出書類が

必要なのでしょうか?今回はマンスリーマンションを契約する際、必要になる書類や入居までの流れについて解説していきます。

マンスリーマンション契約時に必要になる書類

マンスリーマンションは一般的な賃貸物件と比較すると、必要書類は少ないです。入居審査も簡易的なもので保証人は必要ありません。但し管理会社によっては、どのような場合でも保証人が必要な場合があります。それでは、マンスリーマンション契約時に必要になる書類を見ていきましょう。

法人の場合

出張などでマンスリーマンションを契約する場合、企業が社員のために契約することがあります。その場合に必要な書類は、会社謄本のコピー、入居者全員分の身分証明書のコピー、定期建物賃貸契約書となります。

個人の場合

個人で契約する場合は、入居者本人の身分証明書のコピー、定期建物賃貸契約書が必要書類となります。未成年が入居する場合は、契約者欄には親権者の使命を記載します。未成年の入居が不可としているところもあるため、事前のリサーチが必要不可欠です。

このようにマンスリーマンションの契約時に必要な書類は僅かであり、身分証明書には運転免許証やパスポートなどが使われます。

マンスリーマンションの契約から入居までの流れ

マンスリーマンションの契約から入居までの流れを見ていきましょう。

リサーチする

まず、ネットなどで住みたいマンスリーマンションをリサーチすることから始めましょう。

アクセスや賃料、部屋の設備、周辺環境などをポイントにすれば、物件がリサーチしやすいです。

問い合わせをする

気に入った物件が見つかれば問い合わせをして、空室状況や賃料などの情報を得ましょう。

電話やメールで問い合わせが可能ですが、電話で直接聞く方がスムーズな場合があります

申し込みをする

気に入った物件が空室で情報を把握すれば、入居の申し込みをします。少しでも不安や不明点がある場合は、担当者に相談するようにしましょう。

契約する

送付された契約書に記入し、必要書類と共に返送します。

入居する

賃貸契約書と入金を確認後、入居となります。

マンスリーマンション契約前に知っておくべきこと

マンスリーマンションを契約しようと考えている場合は、事前に確認すべきことがいろいろあります。些細なことであっても、いざ入居する段階で問題となることが少なくありません。少しでも気になることがあれば、担当者に確認をしておきましょう。それでは、契約前に知っておくべきことを見ていきましょう。

部屋を内見できる可能性が低い

内見希望であっても、ほかの人が入居している可能性が高いため、内見できる可能性は低くなります。会社によっては、最初から内見不可としているところも多いです。事前に内見できるかどうかの確認が必要です。

ネット環境を確認する

今の時代は賃貸物件であっても、ネット環境は充実しています。けれどネット接続の種類は物件によってさまざまで、事前の確認が必要不可欠です。

水回りの設備を確認する

水回りの設備に関しては気になる人が多く、自分に適しているかどうかをしっかりチェックする必要があります。築年数が古い物件は3点ユニットバスがメジャーで、同じ空間に浴槽とトイレ、洗面台が設置されています。このような設備が許容できない人もおり、トイレとバスルームが別になったタイプが求められます。またコンロが一口で使いにくいというケースもあり、コンロの数や種類は要確認です。

ほかの設備も確認する

マンスリーマンションの設備は水周りだけでなく、しっかり把握しておく必要があります。たとえ設置されていても、自分にとっては適していないかもしれません。たとえば冷蔵庫があってもサイズが小さいとか、収納が使いにくいなどいろいろ考えられます。担当者からの説明はあっても、実際に住んでみないと分からない部分もあるでしょう。人それぞれ生活スタイルは様々で、不便に感じる部分も違っています。洗濯機がバルコニーにあることに対して、使い勝手が悪いと感じる人もいます。屋内で洗濯することが当たり前と思っている人には、理解しがたいのでしょう。

このような事柄はやはり事前に把握しておき、住んでしまってからではおそいです。自分の生活スタイルをイメージすれば、選択したマンスリーマンションで快適に過ごせるかどうか分かるはずです。たとえ小さなことでも、気になることがあれば契約前に確認することをおすすめします。

まとめ

マンスリーマンション契約時に必要な事柄を見てきましたが、いかがでしたか?契約する際の書類は比較的少なく、利用しやすい物件でしょう。けれどたとえ短い期間であっても快適に生活するためには、事前に知っておくことが結構あります。物件の設備はもちろんのこと、周辺環境を確認することを忘れてはいけません。そして自分の生活スタイルに合っているかどうかは大事なことで、生活スタイルを変えることは簡単ではありません。すべて合わせることは難しくても、許容できる範囲で物件探しをするようにしましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む