マンスリーマンションで起きがちなトラブルとは?防止策を事前に考えよう!

       

公開日:2023/03/01  最終更新日:2023/02/06

これからマンスリーマンションで生活を送りたいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。マンスリーマンションは、短期間だけ生活を送りたい人から人気を集めています。家具や家電が備え付けられているので、自宅で生活しているような感覚を味わえます。便利な反面トラブルも起こりがちなので、内容を見ていきましょう。

マンスリーマンションで起きがちなトラブル

一時的に生活したい人が暮らしている場所がマンスリーマンションです。いろいろな人が生活を送っているのでトラブルが起きてしまうこともあります。

設備や備品に関するトラブル

契約のときに明記されている設備や備品がそろっていないトラブルが発生しやすくなっています。入居したときに、室内に備え付けられている設備や備品の一覧表を確認してみましょう。

一覧表に記載されているのに室内に備え付けられていない場合は、管理会社に連絡を入れると対応してもらえます。最近では、24時間対応してくれる管理会社もあります。

本格的にマンスリーマンションで生活を送る前に、必要な設備や備品はそろえておきましょう。ただし、タオルやトイレットペーパーなどの消耗品は、自分で用意するようになっているところもあるので、入居前に確認する必要があります。

契約に関するトラブル

最初に契約した期間よりも早く退去したい場合や、契約期間を延長したい場合にトラブルが発生しやすくなっています。

まず、途中で解約する場合はすでに支払った費用が返済されない場合があります

次に、契約期間を延長する場合は、再契約するかたちになります。賃貸マンションの契約とは異なり、更新が自動的に行われません。再契約にあたり、手数料とクリーニング費用を負担しなければいけないので注意しましょう。

この際、次の入居者が決まっていない場合は引き続き入居できますが、次の入居者が決まっている場合は退去することになります。

環境に関するトラブル

騒音とゴミのトラブルが多く発生しています。近隣のテレビの音や話し声、ドアを閉める音などが自室にまで響くとストレスを感じるでしょう。

また、ゴミ出しのルールを守らないことによるトラブルでは、地域ごとに収集日が異なることと、分別の方法が異なることを知っておく必要があります。

そして、ごみを収集場所に出すときに、カラスや害獣対策でネットをかぶせる自治体がありますが、それを適切に行わなかったことによる悪臭やゴミの散乱というようなトラブルも発生しています。

マンスリーマンションのトラブルを防ぐためには?

トラブルを未然に防止できます。100%防げるわけではありませんが、自分でできることは試しましょう。

部屋を探すときに管理会社に確認する

現在入居している人の特性や、過去のトラブル歴などがあれば、管理会社が教えてくれる場合があります。大きなトラブルに巻き込まれないために、管理会社の人に確認しましょう。

入居するときに室内や設備を確認する

室内に備え付けられている備品に汚れや傷などがあった場合は、事前に写真を撮影しておきましょう。退去するときに修理費を請求されないようにするためです。

できる限り住民とコミュニケーションをとる

自分から深く関わる必要はありませんが、共用部ですれ違ったときには挨拶しましょう。挨拶を無視すると嫌な印象を与えてしまい、後からトラブルに発展する可能性があります。

思いもよらぬことで恨みを買わないようにしましょう。

困ったことがあれば早めに管理会社に相談する

騒音やゴミ出しなどのトラブルがあったときは、入居者同士で解決しようとせずに管理会社に相談しましょう。内容によっては管理会社が直接注意することもあります。

また、共用部の掲示板に注意書きを掲載してくれるときもあります。

万が一、トラブルが起こってしまった際の対処法

緊急性のあるトラブルの場合は、すぐに管理会社に連絡します。そのほかの場合は、証拠を残しておくなどして慌てずに対処しましょう。

証拠を残しておく

何かトラブルに巻き込まれそうになったときは、音声または画像などで証拠を残しておきます。メールや電話だけでは管理会社も実態を把握できないときがあるからです。

運営会社の窓口に相談する

鍵を紛失したときや、水漏れなどが発生したときは、一刻も早く対応してもらいたいものです。24時間対応してくれるコールセンターの番号を把握しておき、すぐに連絡を入れましょう。

故障を疑う前に確認する

備品が使用できないときや、水道から水が出ないときは、大抵の場合はコンセントが刺さっていないなどの単純なミスのときがあります。故障を疑う前に、再度1箇所ずつチェックしながら確認しましょう。

また、家電の使用方法の説明書が室内に置かれている場合は、まず確認しましょう。

まとめ

あらかじめ予想されるトラブルは、未然に防止しておきましょう。困ったときは管理会社に連絡を入れることで対応してもらえます。さまざまなトラブルが予想されるので、自分だけで悩みを抱えないようにしてください。管理会社に相談するメリットは、入居者同士で話を進めると発生しがちなトラブルを防げることです。トラブルが発生したときに仲介してもらえるので安心してください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む