マンスリーマンションでやってはいけないNG行為とは?

       

公開日:2023/03/01  最終更新日:2023/02/06

マンスリーマンションでやってはいけないNG行為をお伝えします。マンスリーマンションとは、1か月単位で借りられる短期滞在者向けの賃貸物件です。備え付けの家具や家電があり、入居してすぐ生活できるというメリットがあります。この記事では、マンスリーマンションでやってはいけないNG行為を詳しく紹介しています。

喫煙行為

多くのマンスリーマンションで喫煙行為は禁止されています。
しかしマンションすべてが禁煙だったり、禁煙部屋と喫煙部屋を設けていたりと滞在するマンスリーマンションによってルールが異なるので、事前に確認することが重要です。喫煙行為の注意点を3つ紹介します。

壁紙の汚れや黄ばみ、ニオイ

喫煙することで壁紙がヤニで汚れて黄ばんでしまったり、部屋にタバコのにおいが染みついてしまったりします。禁煙のマンスリーマンションで喫煙したことで、後々トラブルになったケースもあります。

火災の原因になる

喫煙が原因で火災が起きる可能性があります。また、住宅火災の出火原因でとくに多いのが寝タバコによる出火です。たとえば、タバコの火が布団に燃え移ったり、火の後始末をせずに寝てしまったりなどが挙げられます。

退去時には原状回復が必要

原状回復費用が必要になります。次の入居者が気持ちよく入居できるように退去時には部屋を入居時の状態に戻す義務があり、これを原状回復義務と呼びます。

通常通り部屋を使用していれば生じると思われる通常消耗や経年劣化であれば、原状回復義務は生じません。しかしタバコによる壁紙の汚れや黄ばみ、においは、通常消耗や経年劣化に該当しないため、借主に原状回復義務が生じます。

原状回復費用は、借主が負担するケースがほとんどです。

入居者以外の人間の宿泊

マンスリーマンションの滞在は、契約者本人に限られます。そのため入居者以外の人間の宿泊を禁止している場合が多くあります。注意点を2つ紹介します。

追加料金を支払う

入居者以外の宿泊は、事前に申請して追加料金を支払えば可能になる場合があります。

契約違反

無断で入居者以外の宿泊が判明した場合、契約違反とみなされ違約金を請求されたり、強制退去になったりする可能性があります。また来客を禁止しているマンスリーマンションもあります。

設備故障時に独断で業者に修理依頼を出す

設備故障時に独断で業者に修理依頼を出すのはNGです。注意点を3つ紹介します。

自己負担になる場合がある

マンスリーマンションでは滞在中の家具や家電の設備修理費用は、管理会社やオーナーが無償で修理や交換してくれる場合がほとんどです。しかし勝手に自分で修理したり、修理に出したりすると修理代金が支払われずに自己負担になってしまう場合もあります。

故意や過失による破損は自己負担

故意や過失で物を破損させた場合の修理費用は、借主の全額負担になる可能性があります。

管理会社に連絡する

備え付けの家具や家電などの設備が故障や破損した場合は、速やかに管理会社に連絡し指示に従いましょう。

相談なしでの大型荷物の持ち込み

事前の相談なしで大型荷物の持ち込みは、注意が必要です。注意点を2つ紹介します。

持ち込みが禁止されていることが多い

事前の相談なしで家具や家電などの大型荷物の持ち込みを禁止していることが多くあります。しかしほとんどのウィークリーマンションは、備え付けの家具や家電のレイアウト変更は可能で、使いやすいように配置したり、好きなように移動させたりできます。

ただし、家具や家電のレイアウト変更の際には、壁や床を傷つけないように注意しましょう。

入居前に連絡する

トラブルを防ぐためにも、入居前に大型荷物を持ち込む旨を管理会社に連絡しましょう。大型荷物の持ち込みが許可されても、備え付けの家具や家電を勝手に処分することはできません。

使わないものであっても処分せずに室内に保管しておく必要があります。

入居前の家に荷物を郵送する

入居前の家に荷物を郵送する場合の注意点を2つ紹介します。

入居者がいる場合がある

短期滞在者向けのマンスリーマンションはその性質上、入居日の前日にはまだ前の入居者いる可能性があります。そのため入居前に荷物を送るのは避けたほうがよいでしょう。

日時指定する

入居するマンスリーマンションに荷物を郵送する場合は、入居者が確実に受け取れる日時で指定しましょう。

まとめ

この記事では、マンスリーマンションでやってはいけないNG行為をお伝えしました。短期滞在向けの家具や家電が備え付けられているマンスリーマンションは、ビジネス以外にもさまざまなシーンで重宝されています。しかし、マンスリーマンションの利用については、喫煙や入居者以外の宿泊などのNG行為や注意点がありました。また滞在するマンスリーマンションによってルールが異なるため、トラブルを防ぐためにも管理会社に連絡したり、契約書を確認したりして契約内容をしっかり理解することが重要です。マンスリーマンションに滞在中の方や滞在する予定がある方は、紹介したNG行為に注意しながらマナーを守って利用するとよいでしょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む