マンスリーマンションに備え付けられている一般的な家具・家電・備品とは?

       

公開日:2023/03/01  最終更新日:2023/02/06

新生活を始めるときは家具家電を準備しなければなりませんが、費用負担が大きく悩む方も多いでしょう。ただ、マンスリーマンションなら家具家電が備え付けられているので、初期費用を抑えて生活をスタートできます。そこで本記事では、マンスリーマンションにある家具家電や備品について解説します。

マンスリーマンションに備え付けられている一般的な家具・家電・備品

就職や入学、転職などで新生活が始まるときは、同時に賃貸物件探しをする方が多いでしょう。

ただ、一般的な賃貸物件だと基本的に家具や家電がついていないため、生活に必要なものはすべて購入しなければなりません。ベッドやテーブルなどの家具はもちろん、電子レンジや炊飯器などの家電、さらには調理器具や食器なども必要になるでしょう。

新生活を始めるのはわくわくするものですが、準備にお金がかかりすぎて費用面がネックになることも少なくありません。ただ、マンスリーマンションなら、生活に必要な家具・家電・備品がすでに備わっているので、初期費用を抑えられます。

しかし、どのようなものが備え付けられているのか気になる方も多いでしょう。

まず、睡眠に必要なベッドやソファベッドはどこの物件にもついており、さらにソファやイス、テーブルなどもついているケースが多いです。ただし、クローゼットやデスクなどはついていないところもあるため、必要な場合は事前に確認しておくことをおすすめします。

次に家電ですが、テレビや冷蔵庫、エアコン、電子レンジ、洗濯機、掃除機などの大型家電と呼ばれるものは基本的に備え付けられています。とはいえ、使用頻度がそれほど多くないと考えられるアイロンや乾燥機、ズボンプレッサーなどがついている物件は限られていることがあります。

最後に備品ですが、調理器具や食器、ドライヤー、洗濯物干しなど大半の物件に用意されていますが、ひげそりやくし、歯磨きセットなどいわゆる消耗品に該当するような細かな備品については準備されていないところが多い傾向にあります。

マンスリーマンションに持ち込むべきもの

マンスリーマンションに備え付けられているものを解説しましたが、想像以上に充実した設備であることに驚いた方も多いのではないでしょうか。そのうえで、自身で準備しなければならないものもあります。

たとえば、メイク用品や整髪料などは入居者が持ち込まなければなりません。人によって使うものが異なるアイテムは基本的に用意する必要があるでしょう。

さらに、衣服も準備品に含まれます。普段着や下着や、下、カバンなどに加え、時期によってはアウターも必要になるでしょう。部屋着や仕事着、靴なども忘れがちなので注意が必要です。

そのほか、充電器も用意しなければなりません。スマートフォンの充電器に加え、パソコンやタブレットを利用するならそれらの充電器も必要です。

マンスリーマンションはコンセントの数が少ないこともあるので、延長コードや電源タップも準備しておくと安心です。

マンスリーマンションの家具・家電・備品に関する注意点

マンスリーマンションにある備え付けの家具や家電は、入居者が自由に使えますが、借りているものだと意識して大切に使うようにしましょう。

とはいえ、大切に使用していたとしても、経年劣化などで家具や家電、備品が故障することもあります。その場合は、運営会社に速やかに連絡しましょう。入居者の所有物ではないので、買い替えになるのか、修理になるのか、さらには入居者か運営会社のどちらが費用を負担するのか決めなければならないからです。

基本的に、設備品に関しては入居者の故意や不注意によって故障・破損させたものに関しては契約者負担となりますが、それ以外の故障であれば運営会社の負担となります。

また、メイク用品や日用品など入居者が持ち込んだものは退去時に部屋から撤去しなければならないので、退去時に手間がかからないよう不要なものは持ち込まないようにするのも注意点といえます。

そのほか、ティッシュやトイレットペーパーなどあらかじめ用意されていることもありますが、消耗品は使い切ったら自分で購入しなければなりません。もともとあったからといって追加で購入してもらえるわけではないので、消耗品は大切に使うことをおすすめします。

マンスリーマンションは一般的な賃貸物件とは異なるので、備え付けられているものとそうでないものを確認しておくことがポイントだといえるでしょう。

まとめ

マンスリーマンションでは、さまざまな家具や家電、備品が用意されているものですが、物件によって用意されているものが異なります。入居したときにないと困ると感じるものに関しては、Webサイトを見たり、運営会社に問い合わせたりして確認しておくと安心でしょう。なお、消耗品や使う人によってこだわりの多いメイク用品などは、自分で用意するのが基本です。ただ、自分で持ち込んだものには退去時に撤去しなければならないので、不要なものは持ち込まないようにすることをおすすめします。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む