長期滞在するならどの施設がおすすめ?解説します!

       

公開日:2024/01/19

長期滞在するならどの施設

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。

家具や家電が設置されていて、初期費用が無料の物件も多くあります。水道、ガス、電気の手続きも不要で、入居後すぐに使えます。

ホテルと比べて、トータルコストを抑えられる場合もあります。長期滞在であれば、用途に合った施設を、比較することが必要です。

マンスリーマンションの利便性

滞在期間が長期の場合、家具や家電を揃えることは、費用面での負担が大きくなります。引越するとなると、荷物の出し入れが必要となり、手間も労力もかかってしまうでしょう。

マンスリーマンションでは、生活に必要な家電・家具が備え付けられている物件がほとんどです。しかも、敷金や礼金などの初期費用がかからないことも、メリットのひとつでしょう。

入退去時に行う、電気、ガス、水道の手続きも必要なく、入居してすぐに使えます。スマホやパソコンなどは、今や生活の必需品となっている人が多いでしょう。そのため、物件によっては、インターネットが無料で使えるため、便利です。

防犯カメラや電子キーなど、セキュリティ面を強化している物件も多数あります。しかも、賃貸と同じように、不特定多数の人の出入りが頻繁ではない点が、ビジネスホテルと異なる点でしょう。

マンスリーマンションのメリット

マンスリーマンションは、入居時に発生する手間や準備の負担を、できるだけ抑えたい人に、おすすめです。しかも、長期間の滞在であれば、ホテルの利用と比べて、トータルコストが低くなることもあります。

利用用途として、単身赴任やリフォーム時など、一時的に住む場合もあります。1か月以上の滞在となる場合、普段通りの生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。

そのためには、炊事や洗濯ができることも、重要なポイントです。さらに、家電や家具が備え付けられていれば、入居後すぐに利用できます。

なかには、食器類や調理器具が揃っているところもあるので、買いそろえる手間もかかりません。寝具などのリネン系は、レンタルしているところもあるので、事前に調べておくとよいでしょう。

電気、ガス、水道などの面倒な手続きもする必要がありません。しかも光熱費は、費用に含めている物件も、多数あります。インターネットの利用料については、有料の場合もありますが、入居後すぐに使用できるのが、メリットでしょう。

マンスリーマンションには、賃貸物件と同様に、門限がありません。契約者であれば、いつでも自由に出入りできます。

マンスリーマンションのデメリット

複数人での利用も、物件によっては可能です。ただし、部屋数が多くて広い物件は、当然、費用が高くなる場合があります。条件によっては、ビジネスホテルでの宿泊費の、倍ほど高くなることもあるため、トータルコストで決めたほうがよいでしょう。

入居時には、賃貸と同様に審査があります。個人で契約するのであれば、身分証明書や、連帯保証人のコピーなど、必要な書類を揃えるという手間がかかります。

ただし、賃貸物件よりも入居審査は緩めの場合が多く、近隣住民とのトラブルが発生する可能性もあるため、注意が必要です。

しかし、家具や家電が設置されていたり、光熱費が含まれていたりと、即入居できるメリットがあります。そのため、賃貸契約よりも、費用が高くなる可能性があることを知っておいたほうがよいでしょう。

ホテルのように、定期的な清掃やベッドメイキング、ゴミ捨てなどはしてもらえません。掃除機が設置されている物件もありますが、お風呂掃除やトイレ掃除なども、自分で行います。

基本的に、衛生用品はついていないことが多いため、シャンプーや洗剤類を、購入しなければいけないことが多いでしょう。

ホテル・民泊の利便性

短期間の旅行の場合、普段の疲れを癒すためや、家族旅行などで利用する人が多いでしょう。泊まるだけではなく、食事が用意されていたり、温泉があったりと、それぞれの設備に特徴があるのが一般的です。

景色のよいロケーションのホテルも多く、駅や空港から離れている場所にあるのが、魅力のひとつとしているところもあります。

一方で、ビジネスホテルは、主に仕事で利用するため、利便性を求めている人にとっては、便利な宿泊施設でしょう。そのため、交通の便がよく、繁華街の近く建てられているところも多いです。

一般的に、ホテルに滞在する人は、1泊から1週間以内での利用がほとんどです。食事付きプランを提供しているところが多く、清掃やベットメイクも無料で行ってもらえます。

また、民泊は、個人で運営している場合が多いのが特徴です。現地の生活を体験したい人にとっては、普段と異なる生活体験ができることが、魅力的でしょう。

民泊の場合は、ホテルと異なり、一般の民家を宿泊施設にしています。そのため、サービスも個性的なところが多いのも、特徴でしょう。貴重な体験ができることを期待して宿泊する人が、好んで泊まる宿泊施設です。

ホテル・民泊のメリット

ビジネスホテルは、交通の便がよいところや、繁華街などの中心部近くに立地されていることが多いです。インターネットで簡単に予約ができ、公式サイトと旅行予約サイトで、それぞれ価格が異なることもあります。

マンスリーマンションと違う点は、ベッドメイキングや清掃をしてもらえることです。宿泊のみの目的であれば、快適に過ごせるのは、ホテルのほうでしょう。食事付きのプランで予約すれば、自分で料理できないようなメニューが食べられることもあります。

主に仕事の際に利用する、ビジネスホテルの宿泊費は、観光目的のホテルよりも低い場合が多いです。宿泊をするために、最低限必要なアメニティが用意されているため、手軽に利用できるのがメリットでしょう。

一方で、民泊の宿泊費は、施設にもよりますが、ホテルとあまり大差ありません。現地の人やホストとの交流、その土地の生活を体験したい人には、魅力的でしょう。

ホテル・民泊のデメリット

ホテルや民泊で長く滞在することの、一番のデメリットは、費用面での負担が大きいことでしょう。しかも、普段の生活に欠かせない、洗濯や炊事ができません。ホテルにコインランドリーが設置されているところもありますが、場所が限られています。

1泊や数日だけ宿泊するのであれば、必要最低限の設備はあるため、快適に過ごせる可能性は高いです。ただし、ビジネスホテルでは、ユニットバスになっているところも多くあります。

滞在期間が長いほど、食事が偏ってしまい、健康面も懸念されます。炊事する場所がないため、飲食店やコンビニなどを、利用せざるを得なくなるでしょう。

マンスリーマンションと異なる点としては、門限が決められている宿泊施設が多いことです。鍵を預けたり受け取ったりと、毎回フロントに向かわなければいけないのも、手間ではないでしょうか。

ホテルでは、ベッドメイキングや清掃はサービスで行ってくれますが、民泊の場合は、清掃費用が発生する場合があります。一方でマンスリーマンションは、自身で行わなければいけないのが、デメリットでしょう。

まとめ

ホテルや民泊での宿泊と、マンスリーマンションの利用では、費用や条件、さらには設備も異なります。滞在日数や用途だけではなく、トータルコストを確認することも、大事なポイントです。

長期の滞在であれば、普段の生活とあまり変わらず、快適に過ごせる施設が必要です。マンスリーマンションであれば、必要な家電や家具などが設置されています。電気、ガス、水道の手続きも必要なく、入居後すぐに、いつもの生活ができるのがメリットでしょう。

引越する際に発生する、敷金・礼金が無料で、家具などの運搬も必要ありません。なるべく負担なく、長期滞在できる施設を探すのであれば、マンスリーマンションを検討することをおすすめします。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む