マンスリーマンションは長期滞在可能?具体的なメリット・デメリットを知ろう

       

公開日:2023/04/01  最終更新日:2023/02/22

賃貸マンションとは異なりマンスリーマンションは長期滞在できないと考えている人に、今回の記事はおすすめです。一般的に長期滞在できるようになっていますが、次の入居者が決まっている場合は退去しなければいけません。長期滞在のメリットとデメリットも見ていきましょう。今後の参考にしてください。

マンスリーマンションに長期滞在することは可能?

一般的に長期滞在は問題ありません。1年を過ぎても滞在できる場合がありますが、早めに管理会社に相談しましょう。

長期滞在できる

契約期間が1年を過ぎても滞在できる場合もあります。一般的には長期滞在に問題はありませんが、次の入居者が決まっている場合は再契約できなくなるので、契約期間を延長したい場合は早めに管理会社に相談しましょう。

契約期間を延長するときは再契約となる

あらかじめ入居期間を決めて入居しているので、その期間が終了すると退去しなければいけません。賃貸マンションのように自動的に更新されないので注意しましょう。管理会社も長期滞在を目的にしていないので、次の入居者を次々と募集しています。回転率を上げることで利益を生み出しています。

再契約するときに費用が発生する場合が多い

書類の提出は免除されることがあります。しかし、手数料やクリーニング代を請求されることがあるので注意しましょう。

滞在できる期間

最長の契約期間は364日です。ただし、1年以上の契約もできる場合があるので相談しましょう。最初から1年以上の長期滞在を計画しているときはその旨を伝えておくとスムーズでしょう。管理会社にもよりますが、長期滞在を希望する人の要望を叶えてくれるところもあります。

しかし、1年が経過した後は利用料金が1年目よりも高くなるケースがあるので注意してください。その場合は賃貸マンションに入居することも視野に入れるとよいでしょう。

マンスリーマンションに長期滞在するメリット

3つのメリットを紹介します。入居するときに細かい契約が不要なので、気軽に入居できるメリットがあります。家具や家電を長い期間使用できるのもメリットです。

細かい契約が不要

賃貸マンションに入居するときは、保証人を見つけるだけではなく、たくさんの書類に目を通して記入しなければいけません。そのような手間がマンスリーマンションに入居するときは不要です。身分証明書の提出と簡単な書類の記入だけで手続きが完了します。長期滞在を希望する場合でも、細かい契約が煩わしいと感じている人はマンスリーマンションを選択するでしょう。

滞在期間が不透明でも契約しやすい

賃貸マンションに入居するときは、ある一定の期間は入居することが求められています。マンスリーマンションは、入居期間が不透明な場合でも入居できるようになっています。たとえば、新居を見つけるための仮住まいとして入居したものの、予想以上に早く新居が見つかったのでマンスリーマンションを退去したいと思ったときにすぐに退去できます。融通がききやすいのがメリットでしょう。

家具や家電が揃っている

生活に必要なものが揃っているので、初期費用を抑えて入居できます。また、家具や家電が故障したときに自分で買い替える必要がありません。そのときは管理会社に報告すれば対応してもらえます。ホテルのように備品に制約がないので、快適な生活を長期間送れるでしょう。

マンスリーマンションに長期滞在するデメリット

デメリットを3つ紹介します。デメリットに感じるかどうかは個人差があるので、デメリットよりもメリットが上回っていれば入居を希望しましょう。

月々の支払いは賃貸マンションに入居するよりも高額になる

賃貸マンションに入居するときよりも月々の支払いは高額になります。初期費用が発生しないぶん、そのようになっています。ただし、滞在期間を上手に設定することでトータルの負担を軽減できるので、料金のシミュレーションを欠かさないようにしましょう。適切なタイミングで退居するようにしてください。

住民票が移せない

1年以上継続して同じ住所で生活を送ることが前提となります。そのため、住民票が移せないデメリットがあります。日常生活で住民票が必要となるケースはあまり発生しないので、そこまで不便を感じないかもしれません。

入居者同士のトラブルが心配

入居審査が厳しくないので、さまざまな事情を抱えた人が入居することになります。騒音やゴミ出しのトラブルなどに巻き込まれたくない人は、審査が厳しいマンスリーマンションに入居しましょう。トラブルに巻き込まれそうなときは、管理会社に相談することが大切です。入居者同士で解決を目指さないようにしてください。

まとめ

気軽に入居できるマンスリーマンションは、ホテルよりも備品が揃っているので便利です。賃貸マンションのように、入居するための厳しい審査を受ける必要がありません。初期費用の負担を軽減できるのも嬉しいでしょう。ただし、月々の支払いが賃貸マンションに入居するよりも高額になるデメリットや、入居者同士のトラブルに巻き込まれるデメリットもあります。デメリットも充分理解したうえで、長期滞在を楽しんでください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む