マンスリーマンションは即日入居可能?入居の流れをチェック!

       

公開日:2023/04/01  最終更新日:2023/02/22

急な長期出張や、引っ越しなど、期間限定のすまいが必要なとき、ホテルを選ぶかたは多いでしょう。しかし、立地やサービスによっては、コストがかかります。そこで、おすすめはマンスリーマンションです。仮すまいに十分な家具や設備がそろっており、お手頃に済みます。ここでは、マンスリーマンションの入居のしかたや、注意点を解説します。

マンスリーマンションは即日入居できる?

まず、マンスリーマンションは電話・メール対応で、即日入居が可能ですが、不可能な場合もあることを把握しておきましょう。希望する物件の空き状況や、審査のタイミングによっては時間がかかります。また、不動産会社によっては、来店を要求することもあるでしょう。ここでは、スムーズに入居するためのコツを紹介します。

信頼できる不動産会社をリサーチ

数カ月の仮すまいとはいえ、納得がいく立地や間取りは必要です。急いでいると、細かいことを蔑ろにしがちなので、冷静な意見やアドバイスができる不動産会社を頼りましょう。闇雲に探さず、実績のある不動産会社に依頼することが重要です

条件は細かく伝える

運がよければ、最適な物件に出会えるかもしれないので、条件をすべて不動産会社に伝えましょう。ある程度希望があるほうが、不動産会社との話がスムーズにすすみます。賃貸期間・予算・立地・間取りなど、優先順位を決めておきましょう。さらに、物件をしぼった相談であれば、よりスムーズです。また、中途解約や延長の可能性があるときは、あらかじめ伝えることも重要です。

マンスリーマンションの契約から入居までの流れ

全体の流れを把握することは、スムーズな入居のカギとなります。準備すべきものなど、理解しましょう。

不動産会社・物件探し

検索エンジンで『マンスリーマンション 〇〇(土地名)』といれると、さまざまな物件がでてきます。さらに条件をしぼり、自身の好みの物件をさがしましょう。また、不動産会社で選ぶときは、入居の注意事項などをきちんと提示していると信頼できます。

問い合わせ

気にいった物件が見つかったら、すぐに不動産会社に問い合わせをしましょう。出来る場合は、直接店舗にいくとスムーズです。マンスリーマンションはうまるのが、とてもはやいので注意しましょう。また、契約できるかは滞在希望日にも左右されるので、明確な日程をつたえることが重要です。

申し込み

不動産会社が指定する、申し込みフォーマットをもらい、記入後FAXもしくはメールをします。その際、身分証明書のコピーが必ず必要なので準備しましょう。店舗であれば、この工程でミスなく安心して、はやく済ませることが可能です。不安なときは、店舗にいきましょう。

審査・契約

審査が通ると、不動産会社から契約書と請求書がとどきます。重要事項が書かれているので、きちんと確認しましょう。その後、契約書に署名や捺印をして、不動産会社に返送します。

料金支払い

不動産会社に契約書がとどき、不備がなければ契約完了です。代金が発生するので支払いをしましょう。基本は前払いで全額支払いです。振り込みやクレジットカードなど、不動産会社によって、支払い方法が指定される場合もあります。また、ある程度の大きな金額が必要なので、準備しましょう。

入居

最後にカギの受け取りが必要です。入居日に不動産会社にいくのがはやいですが、時間がとれない場合は、マンスリーマンションに設置されたセキュリティーBOXに入れてもらえます。

マンスリーマンションに即日入居する際に注意するべきポイント

即日入居の場合、急いでいるので大切なことを見落としがちです。そこで、気をつけるべき点を最低限理解しておきましょう。

費用

不動産会社によって、多少異なりますが先払いが基本です。内訳としては、1日の家賃、1日の水道光熱費、1日の管理費を契約日数分かけて合算します。そこに、契約手数料や清掃費もはいります。場合によっては、通信費や寝具代もかかるので想定しておきましょう。もしも、契約期間中に入居者が増える場合は、追加料金が発生するので注意が必要です。

支払い

決まった日時までに、必ず支払いを完了させましょう。支払い完了出来ない場合は、借りられません。また、クレジットカードが使用できるかどうか確認しましょう。クレジットカード決済であれば、手間がはぶけてスムーズです。

必要書類

契約書類・本人確認書類のコピー・印鑑・保証人情報など、不備のないよう準備しましょう。不備があると、即日契約ができないので気をつけるポイントです。また、本人確認に使用できるものをあらかじめ問い合わせましょう。氏名や生年月日が記載されていても、無効なものが存在するので注意が必要です。とくに学生証や社員証、マイナンバーが使えないケースがあります。運転免許証・パスポート・健康保険証・住基カード・年金手帳などは確実に使用できるので準備しましょう。

物件選び・契約

気にいった物件がかならず空室とは限りません。そのため、何軒か候補をあげておくとスムーズです。条件の優先順位もピックアップしておきましょう。また、内見ができないので、実際の間取り確認はできません。ネット情報をしっかり見て、日当たりなどは不動産会社に問い合わせましょう。また、期間延長は場合によって不可能です。次の契約でうまっていれば、退去しなければなりません。しかし、次の契約がなければ、再契約として住みつづけることが可能です。延長の可能性が発生したら、はやいうちに不動産会社に相談しましょう。

まとめ

マンスリーマンションは気軽に使用できるので、すまいに困ったときにとても便利です。静岡県内は、マンスリーマンションを扱う不動産会社が多数存在します。立地や間取りなど好条件で選びやすいので、ぜひ探してみましょう。ビジネス・自宅の建てかえ・受験・就職活動・通院など、利用価値は無限大です。ホテルよりも安く、さらに時間を有意義に使えるので、快適に暮らせます。ぜひマンスリーマンションを利用しましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む