マンスリーマンションに友人を泊めても大丈夫?注意点をチェック!

       

公開日:2023/03/15  最終更新日:2023/02/06

賃貸マンションや住宅とは異なり、マンスリーマンションは宿泊の部分で制約を受けていることがほとんどです。友人を宿泊させたいと考えている人は、今回の記事を参考にしてください。必ず事前に管理会社に連絡を入れるとともに、許可された場合は近隣住民の迷惑にならないようにしましょう。

マンスリーマンションに友人を泊めても大丈夫?

一時的に訪問する場合は問題ありませんが、宿泊は無断で行ってはいけません

住居として使用するようになっている

店舗として使用できないようになっているなど、さまざまな制約がマンスリーマンションにはあります。人の往来が激しいと近隣住民の迷惑になるので、許可された使用方法以外は禁止となっています。

契約者以外の人が入居するときは申請が必要

賃貸マンションよりも制限が厳しいと考えておくとよいです。そのため友人はもちろんのこと、家族や親戚でも宿泊できない可能性があります。

事前に管理会社に連絡を入れた場合でも許可されないことがあるので、そのようなことも想定しながら準備を進めましょう。

ほかの住民に気づかれたときに、管理会社に連絡を入れられてしまう可能性があるため、間違っても無断で宿泊させてはいけません。

マンスリーマンションで宿泊・出入りの制限がなされている理由

ほかの団体に不正利用されることで治安が悪化するのを防ぐ狙いがあります。そのため、エントランスから先は入居できないようになっている場合もあります。

不正利用や悪用を防ぐため

宿泊や出入りを制限しない場合、不正利用されないように制限されています。住居人およびその関係者以外に不正利用されるようなことがあってはいけないからです。

トラブルを防止するため

契約者以外の人がマンスリーマンションに頻繁に出入りすると、トラブルが生じてしまう可能性があります。トラブルの典型的な例として、騒音やゴミ、備品の故障や共用部にゴミが散乱するなどがあります。

そのような状態では、入居者が快適に生活を送れないだけではなく、治安上好ましくない状態になってしまうために制限されています。

友人をマンスリーマンションに泊めたいときは?

事前に管理会社に連絡を入れた場合でも宿泊できるとは限りません。そのため、別の宿泊先をあらかじめ探しておいたほうが得策でしょう。

事前に管理会社に連絡する

必ず宿泊できるわけではありませんが、まずは管理会社に連絡しましょう。家族以外の宿泊は許可されない可能性もあります。また、追加費用を請求されるケースもあるので理解しておきましょう。

マンスリーマンションを契約するときに、契約者以外が宿泊する可能性がある場合は、事前に確認しておきましょう。宿泊が許可されていない場合は、別の宿泊先を手配すれば問題ありません。

友人をマンスリーマンションに呼ぶ際の注意点

必ず事前に管理会社に連絡を入れてください。賃貸マンションや自宅のような感覚で人を招き入れてはいけません。たとえ「管理会社に見つからなければ問題ない」と考えても、誰かを招き入れている気配を近隣住民は感じ取っていることがほとんどです。とくに単身者用の物件で生活を送っている人は気を付けてください。

一時的に来客するときは問題ないことが多い

家族や友人などが一時的に来客するのは問題ないとしている場合があります。宿泊を伴わなければ問題ないとしているケースがほとんどですが、事前に管理会社に確認しておきましょう。

なかには、共用のエントランスで面会できますが、自室には入れないようになっている物件もあります。このように、入居者が快適に暮らせるように配慮している物件がほとんどなので、勝手に自己判断しないようにしましょう。

共用のエントランスにもそのような掲示物が掲載されている場合があるので、内容を確認してください。

不特定多数の人は禁止の物件もある

あまりにも大勢の人を招いて自室で過ごすのは、契約違反になる場合があります。マンスリーマンションはほかの居住者もいる集合住宅なので、深夜まで騒ぐことや足音などが響くことがあってはいけません。

近隣住民に配慮が欠けた行動をとっていると、管理会社から忠告されることがあります。最悪の場合、追加費用を請求されたり退去命令が下されたりすることも考えられます。

なので、管理会社に見つからなければ大丈夫と安易に判断せずに、きちんと決められたことを守りましょう。

また、共用部などは防犯カメラが設置されている場合がほとんどなので、入室記録が残されている可能性があります。管理会社から忠告されたときは事情をきちんと話しておきましょう。

まとめ

必ず宿泊できるわけではないので、最初から宿泊が難しいと考えておくほうがよいでしょう。一時的な来客は問題ないとされていますが、人数や滞在時間なども近隣住民に配慮した行動をとることが求められています。契約前に契約書と重要事項説明書の内容をきちんと読んでおくと、誤解やトラブルを防止できます。勝手に自己判断して、近隣住民に迷惑をかけないようにしてください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む