入居する前にマンスリーマンションに自分で準備したいアイテムとは

       

公開日:2023/09/15  最終更新日:2023/05/23

自分で準備したいアイテム

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調達するという方法もありますが、家にあるものを持ち込んだ方が節約にもなります。この記事を参考にしながらチェックしましょう。

どんな家具・家電が備え付けられているのか

マンスリーマンションには、どんな家具や家電が備え付けられているのかご存じでしょうか。

入居前に内見できないマンションも多いため、予約の際にWebページでしっかり確認しておくことが大切です。

ここでは、マンスリーマンションを利用したことがない、という方のためにどんな家具・家電が置いてあるのかについて紹介します。

どんな家具がある?

まずは家具ですが、一般的なビジネスホテルと同様と考えてよいでしょう。

ベッドにソファー、ローテーブル、テレビ台が標準装備されていることが多いです。

また、ビジネスマンの滞在にも利用されることから、仕事にも使えるデスクやチェアーが用意されている場合もあるでしょう。

カーテンもあらかじめ取り付けてあるため、プライバシーやセキュリティ面でも安心してマンスリーマンションでの生活をスタートすることができます。これらの家具があれば十分快適な生活ができるでしょう。

どんな家電がある?

家電も、普段の生活にはなくてはならないものです。テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、ドライヤーは標準装備というマンションが多いでしょう。

そのほか、炊事をする方にも便利な炊飯器、レンジやオーブン、ポットまたは電気ケトルといった家電調理器も備え付けられているところがほとんどです。

またキッチンには、ガスコンロが備わっており、自炊やお湯を沸かすときにも使えます。ドライヤーはコンパクトな家電なので、自宅からふだん使っているものを持ち込んでもよいでしょう。

マンスリーマンション入居時に準備したいもの

マンスリーマンションでは、これらの家具や家電があれば生活できると思いがちですが、ホテルのような備品サービスがなく、自分で用意しないといけないものがたくさんあります。

とくに、入居当日から使うものは買い忘れがないようにしましょう。

日用品

ホテルにはシャンプーやボディーソープ、ボディタオルといったバス用品が用意されていますが、マンスリーマンションでは自分で用意する必要があります。

タオル、洗顔料やクレンジング、メイク道具、歯ブラシや歯磨き粉、またトイレットペーパーやティッシュペーパーといった衛生用品も必要です。

住み始めた日からすぐに必要なものは、あらかじめ家から持ち込んだり、近くにドラッグストアやコンビニへ買いに行ったりして、備えておきましょう。

また、洗濯物を干すハンガーは備え付けのものがあっても足りないことがあるため、持っていくか100円ショップで洗濯バサミと一緒に購入するとよいでしょう。ベランダや物干し竿がない場合には、物干しロープも必要です。

調理器具・キッチン用品

炊事をする方はフライパンや鍋、包丁、まな板、おたまやフライ返しといった調理器具の他、調味料、ラップやキッチンペーパーなども必要になります。

炊事をしない方も、お弁当やレトルト食品など、簡易的な食事をする機会はあるでしょう。生ごみ用のごみ袋は用意しましょう。お皿を洗う食器用洗剤とスポンジ、台ふき、布巾も必需品です。

食器

食器類は備え付けられていることもありますが、自分のものを使いたい方は、軽くて持ち運びもしやすいプラスチック製のお皿や箸、コップだけでも持っていくとよいでしょう。部屋での食事回数が少ない方は、紙皿や紙コップで済ませることも可能です。

清掃道具

忘れがちなのが掃除道具です。掃除機で部屋の掃除はできますが、お風呂やトイレ掃除もしなければなりません。

浴室清掃用の洗剤、スポンジ、トイレ用の洗剤、トイレブラシは用意されている場合もありますが、必要に応じて用意しましょう。ごみ袋については、地域指定のごみ袋の購入が必要な場合があるため、確認が必要です。

万一のために確認したいこと

「家具・家電はそろっているし、日用品の準備も万端。あとは入居するだけ」と考えがちですが、より快適にマンスリーマンション生活を送るためにも、最寄りの病院を確認しておきましょう。

マンスリーマンションは、長期出張や仕事で自宅から離れた知らない土地に行った時に利用することが多いでしょう。

もし病気になったり、ケガをしたり、という万一の時には滞在先の病院に行くことになります。したがってマンション周辺の病院について、よく調べておくことが大切です。

近くにどんな診療科目の病院があるのか、夜間や休日でも診療してもらえる大きな病院はあるのかといったこと、病院の場所も把握しておくとよいでしょう。

加えて、車がない場合には病院へ向かう交通手段の確保も重要です。持病がある方はお薬、お薬手帳は必ず持参してください。また、健康に自信がある方も必ず健康保険証は持ち物リストに加えましょう。

まとめ

必要な家具や家電はそろっているものの、賃貸マンションでの生活と同様、生活に必要なアイテムは自分で用意する必要があります。ふだん使っている備品は自宅から持っていけば、買い足さなくて済みます。消耗品は自宅に戻ってからも使えるため、現地で購入してもよいかもしれません。また使い慣れた家電、寝具やパジャマなどを持参することで、より過ごしやすくなります。必要なアイテムを持参して、マンスリーマンションを自宅のような快適な空間に変えましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む