マンスリーマンションの入居審査の特徴やチェック項目について解説!

       

公開日:2023/03/15  最終更新日:2023/02/06

これからマンスリーマンションで一定期間生活を送りたいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。賃貸マンションに入居するよりも、手続きが簡単なので不安に思う必要はありません。ただし、未成年者や日本国籍を持っていない人が入居を希望するときは、審査をクリアできない場合があります。保証人が必要なケースもあります。

マンスリーマンションの入居審査の特徴

賃貸マンションのような支払い能力の有無は問われません。そのため、定職に就いていない人でも入居できるようになっています。ただし、契約期間が過ぎると退去しなければいけません。

料金が一括前払いになっている

一般的には、賃貸マンションに入居を希望するさいに、入居期間をはっきりと決めないことが多いです。その代わり、毎月賃料などを支払い続けることになるので、支払い能力の有無を確認されます。そのため審査が厳しいところもあります。

一方マンスリーマンションは、賃料などの料金が一括前払いになります。入居期間がすでに決まっているため、その後に賃料が発生しない仕組みになっています。そのため審査が厳しくないのが一般的です。

サービスを利用する前に料金を支払う能力があれば問題ないとされています。

契約内容が異なる

賃貸マンションでは居住権(借家権)が適用されるため、大家さんよりも入居者のほうが権利が強く、家賃が正常に支払われている場合であれば退去させることが難しくなります。そのために、入居前の審査でトラブルを起こさない人かどうかを確認されます。

マンスリーマンションは、契約期間が過ぎると必ず退去しなければいけませんが、その代わりに審査が厳しくないといわれています。物件によっては、提出書類と身分証明書を提出できれば、定職に就いていない人でも入居できるようになっています。また、入居手続きがインターネットを利用して海外からでもできるので、一時帰国や新居が見つかるまでの仮住まいとして物件を探している人にもおすすめです。

マンスリーマンションの入居審査でチェックされる項目

必要書類に記入して身分証明書を提出できれば問題ありません。職業や収入などが問われないので、賃貸マンションを契約するときよりも簡単です。

書類に不備がないか

氏名、年齢、性別などの基本情報のみ記載すれば問題ありません。書類に記入する項目が比較的少ないので、忙しい人でもすぐに書類を記入できます。

ただし、管理会社にもよりますが、マンスリーマンションの利用目的を記載する項目が設けられているところもあります。この場合は、一時帰国や新居を探すまでの仮住まいなどの理由を記載すれば問題ありません。

身分証明書が提出されているか

どのような身分証明書を求められているのか確認しましょう。管理会社にもよりますが、顔写真が付いているものを求められるときがあります。また、顔写真が付いているものだけではなく、健康保険証なども提出するように依頼されることもあるので確認してください。なお、有効期限が切れていないものを提出してください。

審査をクリアできないケースもある?

次のような条件に当てはまっていると、審査をクリアできないケースもあるので注意しましょう。

未成年者が契約するケース

成人している人が契約するという条件を設けている管理会社がほとんどです。そのため、マンスリーマンションに未成年が入居したい場合は、保護者が契約書に記入することになります。ただし、未成年者でも定職に就いているときは契約できるケースがあります。その場合、事実確認の電話が職場にかかってくることがあります。あらかじめ職場の人に話を通しておくと、職場の人も対応できるでしょう。

日本国籍を持っていない人が契約するケース

賃貸マンションとは異なり、日本国籍を持っていないという理由だけで契約を断られることはありません。しかし、契約代理人が日本人である場合や、日本語を理解できる人であれば比較的スムーズに契約できます。

保証人がいないケース

管理会社にもよりますが、契約するときに連帯保証人を求めているところも珍しくありません。家族以外の連帯保証人を認めていないところもあります。このような場合、家族が高齢の人や日本国籍を持っていない人では、連帯保証人をつけることは難しくなります。

その場合は、保証人が不要となっているマンスリーマンションを選択する方法もあるので検討しましょう。

ただし、保証人が不要となっている物件では、同じような事情を抱えている人たちが入居している可能性があります。治安上好ましくない環境になっている可能性もあるので、ある程度は審査がきちんとされている管理会社の物件を選択するほか、下見で実際に居住環境を確認するほうがよいでしょう。長期間滞在する予定のある人はなおさら意識しましょう。

まとめ

マンスリーマンションでは料金が一括前払いとなっているので、管理会社は支払い能力の有無を重視して確認しません。そのため、定職に就いていない人でも料金を支払えれば問題なく入居できます。管理会社が重視しているのは治安が乱れないかどうかです。トラブルを起こしそうな人を入居させたくないので、契約するときには利用目的を明らかにしておくとよいでしょう。審査をクリアできないケースは管理会社により異なります。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む