マンスリーマンションの防音性は低い?防音性能の高い物件の探し方についても解説!

       

公開日:2023/04/01  最終更新日:2023/02/21

一定の期間だけ過ごすマンスリーマンションは、賃貸や購入するマンションよりも防音性が低いのではないか、そんな不安を感じている人も多いかもしれません。ある程度まとまった期間マンスリーマンションを利用するなら、騒音が気になることもあるでしょう。マンスリーマンションの防音性と、防音性の高い物件の探し方について解説します。

マンスリーマンションの防音性は低い?

マンスリーマンションは賃貸や購入するマンションよりも、防音性が低いのかとういう質問に対し、そんなことはないというのが答えになります。マンスリー・賃貸・購入いずれのマンションの場合も、どのような構造なのかで防音性にも差が出るので、マンスリーマンションだからといって防音性が低いわけではないのです。

マンスリーマンション仕様の建物ではない

長期間住み続けるわけではないマンションだから、機能や設備にそれほどお金をかけていないかもしれない、そんなふうに思っているかもしれません。しかし、マンスリーマンションは「マンスリーマンション仕様」で建てているわけではなく、多くの場合単身者向けの賃貸マンションを利用しマンスリーマンションとして運営しています。つまり一般的なマンションと同様に防音にも配慮された設計ですから、マンスリーマンションだからといって不安に思うことはありません。

単身者向けなので騒音が出にくい

おもにマンスリーマンション利用するのは、出張など仕事の都合で滞在するビジネスマンです。ひとつの部屋に複数人で利用することはなく、単身者向けのマンションであることから、室内からの騒音はそれほど気にならないでしょう。仕事が終わり体を休ませるため、寝るための場所として利用している人が多ければ、マンション内の騒音もそれほど気にならず比較的静かに過ごせるはずです。

騒音被害を受けづらいマンスリーマンションの選び方

一般のマンションと同じつくりなので防音性が低いわけではない、そうはいってもそのマンションによって騒音が気になることも確かにあります。大切なのは騒音被害を受けづらいマンションを選ぶこと、マンションの構造だけでなく、そのマンションが建っている場所の条件なども考えなければなりません。どのようなマンスリーマンションなら騒音被害を受けづらいのか、見ていきましょう。

マンションが建っている環境を確認しておく

どのような音が気になるかは個人差がありますが、交通量が多い国道などに面したベランダや窓がある部屋なら、車の音が気になる可能性があります。周辺の建物などから騒音が発生し気になることもありうる上、マンスリーマンションを選ぶときは周辺環境を確認しておくのがおすすめです。また、駅に近い物件は便利に生活できるのですが、人通りが多いということでこちらも騒音が発生する原因になるでしょう。

担当者に相談してみる

周囲の音がそれほど気にならないという人なら大丈夫かもしれませんが、普段から静かな環境で暮らしている人など、騒音がストレスになり生活することが難しいと感じる場合もあるでしょう。自分で騒音が気になるタイプだと自覚しているなら、あらかじめ担当者にそれを伝えておき、騒音被害を受けにくいマンスリーマンションを紹介してもらうのがおすすめです。

自分で防音性を確認してみる

防音性が高いかそうでないか、自分で確認してみるのもおすすめです。物件を見せてもらう際に、ドアと窓を閉めて静かにし、どのような音が聞こえてくるのか確認してみてください。一部屋だけでなく、上下左右の部屋も見せてもらえるなら、そこから出した音がどのように響くのか確かめてもよいでしょう。

万が一、入居後に騒音トラブルに遭った際の対処法

入居を決める際にマンスリーマンションの周辺で騒音の心配がないか確認し、問題ないと判断していざ入居してみたらマンション内で騒音トラブルに遭った、そのような可能もあります。たとえば、部屋で休もうとしたら隣の部屋からテレビやオーディオの音が聞こえてきて、気になって眠れないなどです。マンスリーマンションはある程度まとまった期間利用するので、毎晩そのような騒音を気にしなければならないのは苦痛でしょう。

しかし、もう我慢できないと直接隣の部屋の人に注意するのは避けてください。隣の部屋を利用しているのがどんな人か分かりませんし、注意の仕方がきつくなれば、その場でトラブルになることもあります。また、騒音を出している本人に自覚がないケースもあります。自宅にいるときと同様に生活してしまい、隣の部屋への影響がどの程度なのか知らなかったということもあるでしょう。注意をしたら言いがかりだといわれたり、最悪の場合自分の身が危険になったりする恐れもあります。

では、トラブルに遭ったときはどうすればいいのかというと、そのマンスリーマンションの運営会社に連絡するのが最適です。自分で注意するとどうしても感情的になってしまい、大きなトラブルに発展することがありますが、第三者が間に入ることで冷静に対処できるでしょう。

まとめ

マンスリーマンションが、賃貸や購入するマンションよりも防音性が劣るというわけではありません。入居している人も、出張で利用しているビジネスマンなどの単身者ですから、家族や友人同士で入居している場合よりも騒音は出にくいはずです。ただ、マンションの周辺の環境によっては、外側からの騒音が気になることもあるので、騒音が気になるタイプの人なら契約する前に確認するようにしてください。また、万が一マンション内の入居者と騒音でトラブルが起こったときは、直接苦情を入れるのは避けて、そのマンスリーマンションの運営会社に連絡し相談するようにしましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む