ペット可のマンスリーマンションに入居する際の注意点とは?

       

公開日:2023/04/01  最終更新日:2023/02/21

1週間や1か月だけといった短期間の滞在拠点に最適なマンスリーマンション。最近ではペットと一緒に入居できる物件もあるとご存じでしたか?本記事では、ペット可のマンスリーマンションに入居する際に注意すべきことについて詳しく解説していきます。ペット可のマンスリーマンションの利用を迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

マンスリーマンションでもペット可の物件はある?

コロナの影響でペットブームが起こったこともあり、最近ではマンスリーマンションでもペットと滞在可能な物件が増えてきています。ペット可の物件は東京や大阪といった人口の多い都市以外にも、日本全国的に存在しているため、出張や旅行などで遠方に短期滞在する予定がある方は探してみることがおすすめです。なおペット可と記載されていても、一部の動物はNGなどの制限があるケースも少なくないため、物件選びは慎重に行いましょう。下記からは、ペット可のマンスリーマンションを選ぶ際に、注意すべきことを詳しく紹介しています。入居を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ペット可のマンスリーマンションを選ぶ際の注意点

ペット可のマンスリーマンションを選ぶ際は、周辺の動物病院の有無やペット用の設備・家具が備え付けられているかなどに注意して物件を選ぶと失敗しません。下記からは、ペット可のマンスリーマンションを選ぶ際に、注意すべきポイントについて詳しく解説していきます。適当に物件を決めてしまうと、快適に生活することができず後悔することになるかもしれません。

周辺の動物病院の位置を確認する

まず一番大切と言っても過言ではないのが、検討している物件の周辺に自分のペットを診てくれる動物病院があるかどうかです。ペットは人間とは違い繊細なため、環境の変化に弱くストレスを感じやすいと言われています。そのため普段は元気で病気をしたことがないというペットでも、いきなり初めての場所での生活がスタートするとストレスで体調を崩してしまう可能性が高いです。短期間の滞在だからと甘く考えず、万が一に備えて近隣の動物病院の情報もチェックしてから物件を決めるようにしてください。

ペット用の家具はあるのか確認する

一般的なマンスリーマンションの場合は、一通りの家具や家電が揃っていることが多いですが、ペット可のマンスリーマンションの場合は一通りの家具・家電が揃っていてもペットの家具がないケースと、あるケースがあります。入居した後に気が付いても間に合わない可能性が高いため、物件選びの段階でペットの家具や設備の有無を確認しておくようにしましょう。なお、ペットは環境の変化でストレスを感じやすいため、余裕があるなら普段使用しているベッドやトイレを持って行ってあげることがおすすめです。

必ずペット同伴なことを事前に伝える

ペット可の物件であっても入居NGなペットが設定されているケースは多いです。ペット同伴で入居する際は、あらかじめどんなペットを連れていく予定なのか詳細に伝えるようにしましょう。ペットの種類だけでなく、何匹までという制限が掛けられているケースも多いです。審査に落ちそうだからと嘘を付いたり、内緒で連れて行ったりすると、退去時にバレて高額な請求をされる可能性があるので注意してください。

防音性能をチェックする

物件選びの際は、必ず防音性能もチェックするようにしましょう。防音性能が低い物件を選んでしまうと自分のペットの鳴き声が隣人の迷惑になるだけでなく、隣人のペットの鳴き声が夜遅くまで、聞こえてきて眠れないといったトラブルに発展しかねません。自分のペットが普段おとなしい性格であっても、念のため防音性能は高い物件を選ぶことがおすすめです。

ペット可のマンスリーマンションに入居する際の注意点

下記からは、ペット可のマンスリーマンションに入居する際の注意点を紹介します。ペット可の物件への入居を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

他の入居者の迷惑にならないよう配慮する

ペット可のマンスリーマンションに入居する際の注意点1つ目は、他の入居者の迷惑にならないよう配慮することです。ペット可の物件であっても、他の入居者の方の中には動物を苦手としている方がいる可能性があります。トラブルにならないためにも、共用部分はペットを抱っこして連れ歩くなどのできる限りの配慮をするようにしましょう。

傷や汚れに注意する

ペット可のマンスリーマンションに入居する際の注意点2つ目は、傷や汚れに注意することです。ペット可の物件であっても、お部屋の備品を壊したり壁や床に傷をつけたりしてしまうと退去時に費用を請求される可能性が高いです。余計な費用を請求されないためにも、極力傷や汚れを付けてしまうことのないよう注意しましょう。具体的な対策としては、床にはカーペットやマットなどを敷き、壁には100円ショップなどで売られている爪とぎ防止シートを貼る方法が簡単でおすすめです。

まとめ

本記事では、ペット化のマンスリーマンションに入居する際に注意すべきことについて紹介しました。いかがだったでしょうか?仮にペット可と記載されていても、入居できるペットの種類には制限がかかっていることが多いです。ペットと一緒に入居する際は必ず事前にペットの種類を伝え、入居ができるか確認するようにしましょう。また物件選びの際は、自分のペットを診てもらえる病院が近くにある物件を選ぶことがおすすめです。本記事がマンスリーマンションの利用を検討している方のお役に立てば幸いです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む