マンスリーマンションとは?サービスの特徴や利用シーンについて解説!

       

公開日:2022/11/28

マンスリーマンションという言葉を皆さんの中でも耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。しかし、耳にしたことはあるものの一般的なマンションとどのように違うのか、実際に利用するシーンや契約の仕方など知らない方も多いのではないでしょうか。そこで今回、こちらの記事にてマンスリーマンションについて見ていきたいと思います。

マンスリーマンションって何?普通のマンションとの違いは

ここでは、マンスリーマンションとは一体どんなもので普通のマンションと、どのように違うのか見ていきたいと思います。

まず、マンスリーマンションとは、数か月などの短期のスパンで入居できるマンションで、入居時から家具や家電など室内に準備されているケースが多く、入居後はすぐに生活を開始できます。また、マンスリーマンションは敷金礼金、さらには保証人も不要なケースが多いです。

一方で普通のマンションとは、短期で契約する方法を取ることは基本難しく、契約期間は2年など長期での契約が必須となる場合が多いです。また、普通のマンションではまれに家具、家電付の物件はありますが、多くの物件では家具や家電は付いてきません。さらに契約時に関しても、敷金礼金を家賃の数か月分家主に納めるケースがあり、保証人が必須な場合があります。

このことからマンスリーマンションと普通のマンションでは契約期間から敷金礼金の必要不要などさまざまなところで違いがあり、まったくの別物の居住空間であることが分かったと共に、初期費用に関してもマンスリーマンションの方が敷金礼金不要や入居時から家具や家電が備え付けのケースが多いため、普通のマンションと比較すると、初期費用をかなり抑えることができますね。

マンスリーマンションの利用シーンについて

短期間で契約することが可能なマンスリーマンションですが、実際にマンスリーマンションを利用するシーンは一体どんなシーンなのか気になりますよね。ここでは、マンスリーマンションの利用シーンに関して見ていきたいと思います。

マンスリーマンションの主な利用シーンは、出張やビジネスで居住するスペースが必要になったとき。趣味や仕事のスペースを自宅以外にも必要になったとき。就職活動中で自宅以外の別途居住スペースが必要になったとき。社員研修などの研修期間中の居住スペースが必要になったとき。などがマンスリーマンションを利用するシーンによく当てはまるケースとなります。

このケース以外にも普通のマンションと異なり短期間で契約が可能なため、多種多様な使い方ができるのもマンスリーマンションの魅力のひとつでもあります。

さらに昨今、猛威をふるっている新型コロナウイルス流行により、テレワークが急速に拡大しました。しかし、今までは会社で仕事をしていたため、自宅に充分な作業スペースを確保することが難しいなどの理由からマンスリーマンションを契約する方が急増し、それに伴いマンスリーマンションの需要も急速に拡大している状況となっています。

マンスリーマンションの契約の仕方

ここまでマンスリーマンションと普通のマンションとの違いやマンスリーマンションの利用シーンなどについて見てきました。最後にここでは実際にマンスリーマンションの契約の仕方を見ていきたいと思います。

まず契約に至るまでにインターネットなどを利用しマンスリーマンションの物件探しを行います。その後希望の物件が見つかり次第、その物件の空室状況などを確認し、その後契の手続きへとシフトします。

契約手続きの仕方としてまず、不動産会社より申込書が郵送などで契約者の方へ多くの場合送られてきます。基本的には申込書に沿って必要事項を記入するケースが大多数を占めますが、まれに不動産会社によっては、イレギュラーな対応を契約者がしなければならないことも起こりうるので契約書の記入方法はしっかりと確認するのがよいと思います。

さらに申込書記入に際して緊急連絡先を記入しなければならないケースがあります。緊急連絡を記載する意味としては契約者に連絡がつかなくなってしまった場合に不動産会社などが契約者の次に連絡する方になるため、日中であってもなるべくすぐに連絡が付きやすい方の連絡先を記入することが望ましいです。

また不動産会社により多少のばらつきはありますが、多くの不動産会社ではマンスリーマンション申込書記入時、下記のような書類の提出を求めてくるケースが多いです。個人での申込の場合は公的な身分証明書のコピー。法人での申込の場合は、謄本などが必要となるケースが非常に多いため、どのような書類が必要なのか事前に確認などしておく必要があります。

その後不動産会社に提出した申込書をもとに審査が行われ、無事審査に通過すれば契約書の取り交わし、その後利用料金などの支払いがすべて完了すれば無事契約締結となります。

まとめ

今回は、皆さんよく耳にする機会が多いマンスリーマンションに関して見てきました。本記事では、マンスリーマンションと普通のマンションの違いや、マンスリーマンションの利用シーンから契約の仕方まで見てきました。

皆さんのなかでも今まさにマンスリーマンションを契約しようか考えていたという方や、マンスリーマンションと普通のマンションとの違いについて知りたかったなどの方たちに少しでもこちらの記事が参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家族の笑顔が広がる新しい生活を始めるなら、ファミリータイプのマンスリーマンションが最適です。広々とした空間や設備、柔軟な契約条件が充実しています。この記事では、ファミリータイプの魅力と選び方

続きを読む

近年、多くの人が住まい探しの際にマンスリーマンションを利用し、その魅力に惹かれています。もっとも注目されているポイントが、敷金・礼金・仲介手数料が無料とされる点です。マンスリーマンションの初

続きを読む

長期間の滞在するにあたり、普段と変わらない生活をしたいと思う人は、少なくないでしょう。マンスリーマンションでは、1か月以上の利用予定がある人には、便利なシステムです。 家具や家電が設置されて

続きを読む

マンスリーマンションは、短期間の滞在に最適な住居選択肢として注目されています。しかし、その便利さの裏には、注意すべきポイントも存在します。本記事では、マンスリーマンションの特徴、メリット・デ

続きを読む

短期間の居住に最適なマンスリーマンションは、その利便性と柔軟性で多くの人々に選ばれています。しかし、その特徴や契約方法、メリット・デメリットは十分に理解されていないことも多いです。本記事では

続きを読む

ほとんどの場合敷金礼金がかからず、ホテルよりもお手ごろな価格で気軽に短期間の滞在ができるマンスリーマンション。初めて利用する人が心配なことの1つが、インターネットに接続できる環境が整っている

続きを読む

マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べて短期間で人が激しく入れ替わります。マンスリーマンションの利用を検討する際に、セキュリティに不安を感じる人は少なくないでしょう。ここでは、マンスリ

続きを読む

マンスリーマンションのように、短期滞在できる物件の1つにゲストハウスがあります。マンスリーマンションとゲストハウスではさまざまな違いがあり、目的などに応じた使い分けが必要です。ここではゲスト

続きを読む

マンスリーマンションといえば、家具や家電がそろっていて、少ない荷物で入居できるイメージがありますが、実は自分で準備したいアイテムがたくさんあります。現地のドラッグストアや100円ショップで調

続きを読む

一般的な賃貸契約は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間から月単位で借りることができます。また、必要な家具や家電が備え付けなので、入居したその日から快適な生活を始められます。

続きを読む